開発工程

共同開発設計
質のいい鋳造品が出来るまで金型が作成する前に拘らなければなりません。一番のポイントは工程設計段階でお客様の開発チームと新製品の設計と開発に協力し設計初期から製造可能性分析や鋳造案の最適案を提案いたします。また、二次加工や表面処理も検討項目に入り最適なコストと有効な方式で設計します。
流体解析とCAD
金型生産寿命延長や生産中の問題を最小限にするために開発チームは部品の特徴を検討して最適な設計を提案します。製品の成型品質は金型設計に大きく影響されるため、金型設計時に量産性、寿命をよくすることやメンテナンスしやすいよう設計することがポイントとなります。部品の形により金型がそれぞれ独特のため鋳造の実行錯誤や開発周期を減らすためにCAE技術をCADや流体分析に合せて金型を最適な形に設計します。


見積りチェックリスト
プロジェクト初期見積りの段階で、次の設計内容を希望しております:
  • 2D図面と3D図
  • ご希望のアルミ材質や機械性質
  • 予定年使用量
  • プロジェクトの予定開発日程
  • 素材/加工重要寸法
  • 表面処理の有無
  • 許容の抜き勾配角度
最適化された鋳造プロセスと金型設計の開発に大いに役立ちます。お客様の品質要件を満たす鋳物を提供し、予算内で時間通りに納品できるようにすることが私たちの目標です。