アルミダイカスト

オーダーメードアルミダイカストサービス
暉華工業は客先に需要に合せたダイカスト方法を提案し、ご提供いただいた2D図面や3DCADにより技術審査から金型設計確認や作成、トライを行い、PPAPの提供から量産まで客先のニーズを満足できる環境を整えております。
高圧ダイカストとは
高圧ダイカストは“HPDC”と称し、金属溶液を高圧高速で金型に充填する方法によりハイプレッシャーにより金属が金型に成型する鋳造工芸となります。金型に固定型と可動型に分けて鋳造機に固定し、金属液が冷却してから金型を開き製品を取出し、ゲートやバリを除去して二次加工を行う。鋳造工程は高速で重複すれば短時間で製品を大量生産できます。
アルミ合金鋳造
アルミ合金は軽い、耐蝕と機械性質や熱および電気伝導率のよさより現在ダイカストでもっとも多く使用される合金となり、暉華はアルミ合金で高強度、高性能の部品を生産可能。
アルミ高圧ダイカストのメリット
他の金属成型技術に比べ、高圧鋳造は短期間で大量かつ複雑の鋳造品が生産可能のため、コストパフォーマンスを考えた部品を希望する場合適合となります:
高圧鋳造製品は精度がよく二次加工の工数が減少可能。
他の工芸品より高圧鋳造が多様化で希望の形に合せやすい。
ダイカスト型の生産時期が長く、大ロット数の生産により各部品のコストが低くなる。
同じ形の部品が短期間で大量生産可能。
プラスチックより強度が高く、他の鋳造品より薄い部品が生産可能。
鋳造表面が滑らかで塗装やメッキしやすい。
穴を鋳造時に成型可能でネジ加工や組立てしやすい。
鋳造部品の機械性質がよく、高度な量産性を持ってます
ダイカストの応用
ダイカスト品は独特な成形性や性能性があるため生活中あらゆるの場面に使用可能です:
  • 自動車
  • 電動工具
  • 建築設備
  • 航空
  • 電子類
  • 医療関係
  • 白物家電
  • 機械
  • 農耕類
  • 家具
  • 照明設備
  • 鉱業
使用設備リスト
ブランド 生産能力 数量
UBE-UB800A/B 日本 800T 1
UBE-670 日本 670T 1
UBE-UB500F 日本 530T 1
UBE-UB375 日本 375T 1
TOSHIBA-350G 日本 350T 1
TOYO-BD250V2CW 日本 250T 1
TaiwanTBC 台湾 250T 2
TaiwanTBC 台湾 150T 2
鋳造能力
  • 各部品の生産数量は数千~数万。
  • 重量0.02kg~5kgまで鋳造可能。
  • 生産投影面積122,500 mm2まで。
  • 使用可能材料: ANSI(A380/A383/A413); JIS(ADC10/ADC12/ADC1)